四万十の海・山・川そして・・・その18

デジカメ1台手に持って、四万十の自然をさまよっています


ホームに戻る 海・山・川その1に戻る

その18 700〜768  2009/07/23 北の旅 開陽台・養老牛・釧路湿原・十勝・襟裳岬・日高・洞爺湖 69枚



700
2009/06/19
開陽台で撮影

展望台

左側が北。正面景色は東になる。昨年は天候も悪くてパスしたが、今回は養老牛温泉へ向かう途中に当たるので、立ち寄ってみました。

いやあ、360度見渡せるとは思いませんでした。

今回は、ここよりも景色がいいと勧められた場所もありましたが、とりあえず、実際寄ってみて、よかった。
701
2009/06/19
開陽台で撮影

展望台から南側

702

  

2009/06/19
開陽台で撮影

展望台から南西方向を望む。

さすがに北海道の大地は広いねぇ。360度見渡しても、家がぽつぽつとしか見えません。

703

 

2009/06/19
養老牛温泉で撮影

タチツボスミレ

早めに旅館に着き、早速自然観察です。


704

 

2009/06/19
養老牛温泉で撮影

エゾキンバイ?


705
2009/06/19
養老牛温泉で撮影

エゾムラサキ

ワスレナグサかと思いましたが、良く見ると、どうもエゾムラサキのようです。

よく似た花があるので、花の名前を確定するのは、本当に難しい。。。
706
2009/06/19
養老牛温泉で撮影

エゾツツジ

北海道で見るツツジは、色が半透明に透けているようで、実にきれいに目に映ります。

707
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

タチツボスミレ

今回は、結構いろんな種類のスミレを撮影しました。一度整理する必要があります。

1年前は、スミレにいくつも種類があるなんて想像もしていなかった。(笑)
708
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

名称不明

1本の茎から、上下に2本の花茎が出て、白い糸状の花。。。

う〜ん、何の花?

709
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

名称不明


710
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

名称不明

くやしいなあ…立て続けに名称不明とは。。。

711
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

フキ

北海道の植物は、みんなでっかいのが多い。フキも1mほどに伸びる。

湖のフキの群落の中から、ぞろぞろとコロポックルが出てきそうな錯覚に陥る。
712
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

カキドオシ

国では春に見た山野草が、北海道では夏に見ることができる。
713
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

バイカモ

旅館で教えてもらった、小さな川の上流で見つけました。

実物にお目にかかったのは初めてです。もう少し、ひ弱な花かと思っていました。
結構たくましく育っていました。
714
2009/06/20
養老牛温泉で撮影

バイカモ

この辺は、可憐に見える部分を映しています。

実際は、もっとたくましく、したたかに咲いています。
715
2009/06/19
養老牛温泉で撮影

シマフクロウ

ついに出ました。心霊写真…中央の白い塊がシマフクロウ君です。

なにしろ、現場が真っ暗なもんで、それでフラッシュも使えないので、デジカメの高感度
モードで挑戦しましたが、精一杯でこの程度でした。

716
養老牛温泉で撮影

シマフクロウ

心霊写真だけでは、しょうがないので、旅館(藤や)のホームページに掲載されているシマフクロウ君をお借りしました。

いいカメラなら、これくらいには撮れるそうです。

717

2009/06/20
摩周湖で撮影

カラマツソウ?

今回は裏摩周に回りましたが、生憎の天気で、文字通り、霧の摩周湖で、摩周湖は霧の中…なにも見えませんでした。

仕方がないので、すぐ近くの神の子池に向かいました。
718
2009/06/20
摩周湖で撮影

クサノオウ

この花も、どこにでもありそうな花なのに、初めて撮影しました。
719
2009/06/20
摩周湖で撮影

エゾノクサイチゴ

720
2009/06/20
摩周湖で撮影

マイズルソウの群生

昨年は、たった一つしか見かけなかった貴重な山野草…だったのに。

今回は、どこに行ってもご覧の通りの群生に出会います。

721
2009/06/20
神の子池で撮影

神の子池

摩周湖が他の湖と大きく違うのは、湖に流れ込む川も、湖から流れ出す川もないことです。
それでいて、春、摩周湖にたくさんの雪解け水が流れ込む時期になっても水位が変わらないのは、
湖の周辺に伏流水を湧き出させているからなのです。



722
2009/06/20
神の子池で撮影

神の子池

神の子池の伏流水は1日12,000tも湧き出しています。周囲220m、水深5mの小さな池で、
水が澄んでいるので底までくっきりと見えます。
723
2009/06/20
神の子池で撮影

シロバナエンレイソウ

今年会いたかった花の一つです。

標津湿原で初めて見た時は感激しました。半分枯れかけていたけど。。。

ここで、完ぺきな形のエンレイソウに出会えました。

よかった〜
724
2009/06/20
釧路湿原で撮影

アカツメグサ

なんでもない雑草の一つですが、アップでとらえると、とんでもない妖艶な一面を見せてくれます。

725
2009/06/20
釧路湿原で撮影

タンチョウヅル

釧路湿原のツルは、今回初めて見かけました。

ツガイでなく、一羽だけでした。
726
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ネコノメソウ

この花は、湿原の食堂の庭に咲いてました。


727
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ボタンキンポウゲ

この花も上と同じくです。
728
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ヒメカイウ

この花は、釧路湿原でしか見かけていません。

729
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ミツガシワ

この花は、葉の形が柏の葉によく似ていて、その葉が3枚並んでいるので、こんな名前がつきました。

この花も、ここでしか見ていません。
730
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ミツガシワ

ミツガシワの花を1輪だけアップにしてみました。


なんか、全く別の花に見えますね。
731
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ハナタネツケバナ

の花も、釧路湿原の定番です。
732
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ツクシとスギナ

れは異なものにお目にかかりました。

通常、ツクシとスギナは同じ茎から芽を出しますが、全く別の形をして現れます。

ところが、ここではナント、ツクシとスギナが合体…こりゃ一体何だ?

私はこれを、ツクスギと呼ぶことにしました。
ツクスギ…この植物のDNAは、原始的なので、時々間違いを起こすそうです。

それにしても、珍しいでしょう。
733
2009/06/20
釧路湿原で撮影

コツマトリソウ

ちょつとピンボケですみません。

734
2009/06/20
釧路湿原で撮影

エンコウソウ

湿原に咲くつる性の花。サルの腕のように、伸びたツルの先に咲くので、この名がつきました。

735
2009/06/20
釧路湿原で撮影

湿原の木道

湿原の中は、どこでも同じですが、一切土足で湿原に入ることは禁止されています。
植物の生活環境が、破壊されるからです。その代わり、こんな木道が数キロにわたり伸びています。

緑の中の木道を、のんびりと散歩するのも風流ですよ。


736
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ヤチヤナギ


737
2009/06/20
釧路湿原で撮影

エゾアザミ

普通のアザミと違い、エゾアザミは花の部分が小さくて、花があまり目立たないようです。
738
2009/06/20
釧路湿原で撮影

タチツボスミレ

739
2009/06/20
釧路湿原で撮影

ミヤママタタビ

740
2009/06/21
長節原生花園で撮影

エゾカンゾウの群生

青い花はアヤメです。

花の数だけなら、ここが北海道一でした。

道の両側、数キロにわたり、こんな景色が続きます。
741
2009/06/21
長節原生花園で撮影

エゾカンゾウ


742
2009/06/21
長節原生花園で撮影


名称不明

743
2009/06/21
大樹町で撮影

タンチョウヅル

国道走行中に、ツル発見。すぐにブレーキを踏んで撮影です。

ここのツルは、ツガイでした。

744
2009/06/21
黄金道路で撮影


広尾から襟裳にかけての道路を黄金道路と呼ぶそうな。

私は、初めて通るので、そのいわれを知らないが、海岸沿いの道路には、ご覧の通り、いくつもの覆道が並んでいる。

その横には、新しくトンネルを掘っている。とにかく北海道の道路はお金がかかっている。

だから、黄金道路と呼ぶんだね。
745
2009/06/21
襟裳で撮影

百人浜

襟裳までもうすぐ、晴れていれば、襟裳岬が見えるはずなんだが、かすんで見えない。
746
2009/06/21
襟裳で撮影

襟裳岬の先端

襟裳岬には、午前7時ころに着いた。ご覧の通り、森進一の歌の通り、何にもありません。
それでも。すでにみやげ物屋と食堂が開店していた。
朝食代わりに、ラーメンを食べて温まり、岬を見に行きました。

747
2009/06/21
襟裳で撮影

襟裳の集落

岬の先端から、後ろを向けば、戸数100戸ぐらいの、小さな町並みが見えました。
748
2009/06/21
静内で撮影

ツルマンネングサ

日高は、サラブレッドの産地。ここで昼食をとり、静内のアイヌ民族資料館を目指したが、昭文社の地図が間違っていた。

いくら探しても、見つからない、うろうろしていると共産党の事務所があったので、そこで聞いて、資料館へ向かった。


昭文社…頼むよ,ホンマ。
749
2009/06/21
静内で撮影

ハマボウフウ

ここで、ハマボウフウに出会うとは思わなかった。この花は、食用になるため、全国各地で絶滅危惧種になりつつある。

みなさん、食料にするのはやめようね。
750
2009/06/21
静内で撮影

ヒメジョオン

静内での花は、全部、アイヌ民族資料館に植えられている花です。
751
2009/06/21
静内で撮影

名称不明


752
2009/06/21
静内で撮影

行者ニンニク(アイヌネギ)

これも、今回初めて気がつきました。
茎と葉っぱがおいしいのだそうです。
753
2009/06/21
静内で撮影

フタリシズカ

ネーミングがすごい花です。葉っぱが大きい割に花は小さい。

754
2009/06/21
静内で撮影

ヒトリシズカ

こちらは、残念ながら花期は終わっていました。
フタリシズカと同種の花です。

755
2009/06/21
静内で撮影

オオハナウド

高さ3mほどです。

756
2009/06/21
洞爺湖で撮影

昭和新山と有珠山

手前が昭和新山、後ろは有珠山。。。
昭和新山は、1943年12月から1945年9月までの2年間に17回の活発な火山活動を見せた溶岩ドームである。当時は太平洋戦争中であったこともあり、世間の動揺を抑えるために噴火の事実は伏せられ、公的な観測すら行うことができなかった。

もっと知りたい方は、こちらをどうぞ
昭和新山について
757
2009/06/21
洞爺湖で撮影

洞爺湖

洞爺湖は、昨年サミットのため、警戒が厳しく、あれこれ指図されるのが嫌で、敬遠していた。

今回は
、気持ちよく立ち寄ることにしました。
758
2009/06/22
洞爺湖で撮影

洞爺湖の白鳥

まだ午前5時前、車で寝ていたら、バタバタバタと大きな音が聞こえたので、湖の様子を見に行くと、白鳥が毛づくろいをしていた。

759
2009/06/22
洞爺湖で撮影

昨夜は、ここの横で、トイレ、水道付きの無料駐車場で、車で一泊しました。

白鳥に起こされて、午前5時から、付近を散歩しました。
760
2009/06/22
洞爺湖で撮影

アマドコロ

湖畔で花はあまりありませんでしたが、アマドコロを発見。
761
2009/06/22
洞爺湖で撮影

洞爺湖

絵葉書の写真のよう。
762
2009/06/22
洞爺湖で撮影

名称不明


763
2009/06/22
洞爺湖で撮影

ジャガイモ

ナスの花と、良く似ているなと思ったら、ジャガイモはナス科でした。

みなさん。知ってました?
764
2009/06/22
洞爺湖で撮影

ネギ坊主

これは、何というネギなのかな?

ネギ坊主にもカラフルなものがあって、どうも種類がよく分からない。
765
2009/06/22
洞爺湖で撮影

コブ白鳥

一口に白鳥といっても、7種類ほどいるようです。

766
2009/06/22
洞爺湖で撮影

洞爺湖温泉


767
2009/06/22
洞爺湖で撮影

昭和新山

洞爺湖温泉から、すぐ近くにあります。歩いていけます。
768
2009/06/22
洞爺湖で撮影

ノビネラン?

白と紫…今回の旅で2つのノビネランを見かけました。

          

   上に戻る 

 

2008年11月16日登録  http://simanto114.ina-ka.com/